会社情報

  • ラベル
  • パッケージ
  • フレキシブルパッケージ
  • カタログ・パンフレット
  • デジタルコンテンツ
  • トータルソリューション

HOME > 会社情報 > 沿革

沿革

創業~昭和

1912年創業 「誠意」という資本だけで奔走した創業期。

当社の歴史は大正元年、六畳間に置かれた活版印刷機1台での名刺印刷から始まりました。充分な資金もなければ、設備も人手もない中、創業者高桑勘次は人一倍の“誠意”を持って独り奔走しました。昼は自ら注文を取りに行き、夜は機械を操作し、印刷が終われば納品もする。一人三役という激務を、「食わねばならぬ、この仕事を守りぬかねばならぬ。」と歯を食いしばってこなす毎日。その努力は、真正直な性格とともに、お客さまから可愛がられ、認められるようになりました。そして少しずつ銀行などの得意先を増やし、1939年(大正14年)には地元金沢市の公報の印刷を手がけるまでになりました。
戦後は金沢が戦災にあわなかったこともあり、すぐに営業を再開。終戦直後の暑い夏の日、2代目社長となる長男治とともに、疎開先まで荷車を引きながら印刷機を取りにいき、仕事にとりかかりました。市内の書店と組んで、英語辞典や各種辞典の印刷を請け負うなど、将来への地盤を着実に築いていきました。

1912年(大正元年) 創業者 高桑勘次 印刷業開業
1941年(昭和16年) 高桑治(前会長)家業の印刷業に従事
■戦後~草創期 戦後間もなく「オンリーワン」をめざして。

英語辞典の仕事を主体に事業は順調に展開していましたが、「これからの中小企業は大企業にも負けない際立った特徴を持つべき」という二代目社長高桑治の考え方によって、当社は昭和22、23年頃から清酒ラベルの印刷に取り組み始めました。清酒ラベルは当時から5~6色の多色刷りで、さらに他の印刷物では見られない金付けまでするというように、印刷会社にとっては非常に付加価値の高い仕事である点に着目したのです。
しかし、実際に酒蔵を回ってみると、当社のもっていた印刷技術では他社と比べて勝ち目がないことに気が付かされました。清酒ラベルの印刷はとても奥深いものだったのです。そこからは、英語辞典の仕事で得た利益のほとんどを注ぎ込む格好で、未知の可能性を秘めたラベル印刷に企業としての命運をかけて突き進んでいきました。

1946年(昭和21年) 金沢市横伝馬町の工場狭隘となり、金沢市彦三6番丁に移転
1950年(昭和25年) 企業組織を個人経営より高桑印刷(株)とする
代表取締役社長に高桑勘次
代表取締役専務に高桑治就任
■1950年代~成長と拡大 ハードとソフトの両面を充実させ、清酒ラベル印刷を究める。

清酒ラベルはもともと京都や東京の印刷会社が先行していた分野でした。ライバル企業に遅れをとっていた印刷技術でしたが、先んじて写真製版を導入したことをきっかけに急速にレベルアップ。さらに、いち早く一貫生産ラインを整えて、パッケージの需要に対応するための工場を新設するなど積極的な設備投資を行ったことで、印刷の技術水準はライバルに負けないほどに向上したのです。
さらに、ラベル適性に優れた用紙やインキなど、素材そのものに対する改善にも力を注ぎました。製紙メーカーと共同開発した「タカクワL(TL)」は、1970年の誕生以来約40年間、テストと改良を重ね、カール適性や耐伸縮性などに優れたラベル専用紙として、現在に至るまで常に高い評価をいただいています。こうした姿勢はその後も「結露が生じても破れにくいラベル(Tラベル)」「退色しにくいインク」など多数のオリジナル素材の誕生につながっていきました。
また、社内にデザイナーをはじめとするクリエイティブスタッフを多数育成し、加賀百万石の伝統的センスを受け継ぐ表現力に磨きをかけるなど、独自性にも努めました。
「大切なお客様の商品の顔づくりを担っている」という誇りを胸に、このようにハードとソフト両面の充実を図った結果、北は北海道から南は九州・沖縄まで営業エリアを拡大。その結果1,200社様と直接お取引させていただき、取り扱いラベルは10万種以上という実績を築き上げさせていただけるまでとなりました。

1953年(昭和28年) 多色・平版印刷が主力となり、社名を高桑美術印刷(株)と改称
1962年(昭和37年) 工場狭隘となったため、本社及び工場を泉本町に新築移転
代表取締役社長 高桑勘次 代表取締役会長に就任
代表取締役専務 高桑治  代表取締役社長に就任
1967年(昭和42年) パッケージ需要の急増にともない、金沢市郊外野々市町(現野々市市)矢作に
野々市工場新築
関西地方の需要増にともない、大阪市に大阪営業所(現大阪支店)を開設
1969年(昭和44年) 本社工場狭隘となったため、近代化1期工事として
鉄筋コンクリート、 エアコントロール無窓印刷工場を
新築
USA向輸出開始
1971年(昭和46年) 関東地方の需要増にともない、東京都に東京営業所(現東京支店)を開設
1973年(昭和48年) 野々市工場近代化第2期工事として、
鉄筋コンクリート2階建て工場及び同付属棟完成
製造部門を野々市町(現野々市市)に結集
1976年(昭和51年) EPC-JAPAN(全国主要都市印刷企業連合体)加入
1977年(昭和52年) 名古屋中小企業投資育成株式会社より育成企業として
2,000万円の出資を受ける(資本金8,000万円)
1980年(昭和55年) 営業本部社屋を野々市町(現野々市市)に新築移転
1983年(昭和58年) 創業者 高桑勘次 逝去
1988年(昭和63年) 資本金9,800万円に増資
代表取締役社長 高桑治 取締役会長に就任
専務取締役 高桑秀治 代表取締役社長に就任

平成~現在

■1990年代~進化に向かって マルチメディア時代の到来。

情報化時代の幕開けに伴い、情報を伝える媒体は印刷物にとどまらず、Webや映像、電子書籍など多岐にわたっています。当社でも「お客さまにとって選択肢の幅は広くあるべき」という3代目社長高桑秀治の考えのもと、伝えたい想いをカタチにする多彩な手段の1つとして、デジタルコンテンツの制作に力を注いできました。清酒ラベル印刷で培ったものづくりに徹する心を生かし、WEBや映像制作へも事業を展開。さらに、関連会社「フォーティックデザイン」では映画の企画にも参加するなど、新しいビジネスモデルの構築に挑んでいます。

1992年(平成4年) 川北新工場(テクニカルパーク川北)完成し
パッケージ関係工場移転
創業80周年記念式、田原桂一写真集
「艶のかたち 金沢」出版
1993年(平成5年) 第27回社団法人中小企業研究センター賞(現「グッドカンパニー大賞」)・
地区表彰を受賞
1995年(平成7年) マルチメディア対応のためメディアウェーブ事業室設立
1996年(平成8年) 「艶のかたち 金沢」ニューヨーク・アート・ディレクターズクラブ国際展、
メリットアワード賞受賞
1997年(平成9年) 富山営業所を開設
企画部門充実のためメディアプラザプラネット竣工
1998年(平成10年) 第三者割当増資と子会社合併により、資本金を1億6,800万円とする
2001年(平成13年) 新潟営業所開設
ISO9001:1994を取得
2002年(平成14年) 九州営業所(現 福岡営業所)開設
ISO9001:2000とISO14001を認証取得
2005年(平成17年) 鹿児島営業所 開設
2006年(平成18年) プライバシーマーク付与認定を受ける
箱マイスター」サイトオープン
2007年(平成19年) 取締役会長 高桑治 逝去
FSC®森林認証取得(FSC-C014238)
2009年(平成21年) 営業本部及び野々市工場を川北工場に移転統合し、
川北事業部とする
2010年(平成22年) パケラボ」サイトオープン
2011年(平成23年) いいね! 日本酒」サイトオープン
2013年(平成25年) 創業100周年
2015年(平成27年) いいね日本酒!改め sakefan リニューアル
sakefan Worldアプリ配信、同ホームページ開設
■2000年~さらなる革新、その先にあるもの そして今、あらゆるメディアでのコミュニケーションを支援する総合情報企業へ。

現在の当社は、ラベルやパッケージなどをはじめとする印刷物だけでなく、Web、各種映像などデジタルコンテンツの制作まで行い、さまざまなメディアでの広告展開や販促活動をトータルにサポートする情報コミュ二ケーション創造企業として大きく進化しています。ただ、「企業・商品の顔づくり」のお手伝いをさせていただいているという想いは、以前と全く変わっていません。パンフレットやポスターであれ、ホームページやプロモーションビデオであれ、お客さまの伝えたいメッセージをのせたツールはすべて、お客さま自身の“顔”である…と私たちは考えているのです。そのような大切な仕事に携わる企業として、これからもさらに技術を磨き、感性を磨き、より個性豊かな表情をお客さまと共につくり上げていきたいと思っています。

ページのトップへ

会社情報

  • トップメッセージ
  • 社訓・経営理念
  • 会社概要
  • ものづくりの系譜 ~ おもな受賞歴と制作物
  • 沿革
  • 事業所
  • 関連会社
  • 営業日
  • EPC-JAPAN

Copyright © 2011 TAKAKUWA ART PRINTING. All rights reserved.