タカクワの技術・設備

  • ラベル
  • パッケージ
  • フレキシブルパッケージ
  • カタログ・パンフレット
  • デジタルコンテンツ
  • トータルソリューション

HOME > タカクワの技術・設備 > 環境への配慮

タカクワの技術・設備

環境への配慮

森林認証紙

今、「適切に管理された森林」から作られた紙や木材製品が注目されています。これまで森林資源の保護は「紙のリサイクル」という考え方が中心でした。しかし、これからはFSC®(森林管理協議会)により認証された森林から作られた製品、つまり、「森のリサイクル」という考え方が環境保全の新たな基準となろうとしています。
FSC®ロゴマークは、製品に使用されている木材が、FSC®(森林管理協議会)のルールに則って、適切に管理されていると第三者機関により認証された森林から生産されたものであることを示します。

森林認証紙を使用いただくメリット
1. 環境への理解が深い企業として、イメージアップにつながります。
2. 森林を守り、地球環境の保全に役立ちます。
3. リサイクル紙とは異なり、高い品質が得られます。
4. 価格は一般紙と基本的に変わりません。
5. 森林認証マークの使用料はかかりません。

植物油インキ

植物油インキは、植物由来の非食用も含めた各種植物油を原料としており、インキの石油系溶剤の低減を図ることができる環境配慮型インキです。当社では植物油インキを使った印刷が可能です。その場合は印刷物に植物油インキマークを表示いただけます。

水なし印刷

『水なし印刷』は、有害な化学薬品の使用を大幅に抑制し、廃液を出さない印刷方式です。通常の印刷は印刷工程で有害物質を含む「浸し水」を使い、これが廃液となって排出されます。それに対し水なし印刷は浸し水を使用しないので、有害な廃液が排出されないのです。また、インキが水ににじまないのでアミ点の一つひとつが用紙上に正確に再現され、高精細な美しい仕上がりになるという利点もあります。

紙の使用量を抑えたケース

通常の蓋・身式のセットケースに比べ、設計の工夫によって紙の使用面積を大幅に少なくしたシンプルケースやオープンケースをご提供しています。コスト的にもメリットがあるのはもちろんのこと、使用素材がE段だけなのでリサイクルもしやすいという利点があります。 ※紙の使用面積はシンプルケースが約20%減、オープンケースが約30%減(当社比)

紙を利用した緩衝材

発泡スチロール製緩衝材の代替品として、今や常識となった段ボール利用の緩衝材やパルプモールド。段ボール素材の緩衝材は機能や価格が発泡スチロールとほぼ同等のレベルとなっています。パルプモールドは抗菌性や美粧性にも配慮した、緩衝材以外の用途の製品もご提供しています。

紙製の中枠素材

通常布製のものが使用される中枠素材の代替品。実際は紙素材でありながら、見た目は布のような質感を保っています。

超極薄段ボール素材のケース

段ボールのなかで最も薄いG段(段高0.5mm)を利用したケースは、ダイレクトオフセット印刷が可能です。板紙に比べリサイクルしやすく、内容物に対する保護・緩衝性に優れています。

Japan Color認証制度

Japan Color認証制度は、ISO国際標準に準拠し、日本のオフセット枚葉印刷における印刷色の標準である「枚葉印刷用ジャパンカラー」に基づいて認証を行うもので4つの認証からなります。当社が取得した「標準印刷認証」は、印刷機械のメンテナンスと数値管理等によって安定した品質の印刷物を作成できる工程管理能力について認証されたものです。

ページのトップへ

タカクワの技術

  • 素材から差別化
  • 高付加価値を生む印刷・加工技術
  • 確かな品質を導き出す設備
  • 環境への配慮

Copyright © 2011 TAKAKUWA ART PRINTING. All rights reserved.