SUSTAINABILITY

  • TOP
  • SUSTAINABILITY

当社の環境への取り組み

環境方針

基本理念

当社は地球環境の視点に立って、自然が果たしている役割をしっかりと認識し、印刷及び情報メディア事業活動を通し「環境にやさしい企業」として、地域社会に貢献することを目指します。また、これまで恩恵を受けてきた自然環境を、壊すことなく維持していく義務があることを十分に理解し、「環境と企業」が共生できる事業活動を展開します。

基本方針
  1. 今日の地球規模的に進む環境破壊の現状の中で、印刷及び情報メディアを中心とした事業活動において、その環境保全に積極的な取組みが必要という認識から、ISO14001 に準拠した環境マネジメントシステムを構築し、計画的・積極的に環境影響負荷の低減において継続的改善及び汚染の予防に努めます。
    1. 原材料、副材料への配慮及びCO2削減活動などの省資源、省エネルギー活動に取り組みます。
    2. 廃油、廃酸、廃アルカリ、廃プラスティック及び古紙の再資源化活動や産業廃棄物の減量化をはかります。
    3. 環境にやさしい企業として、環境に配慮した商品開発を進め、お客様や市場に提供し、生物多様性の保全に努めます。
  2. 地域環境保全活動を推進させる組織を設け、規定類を整備し、環境マネジメントシステムの維持向上をはかります。
  3. 当社の企業活動に関わる環境関連法規、業界の指針などその他の要求事項を遵守します。
  4. すべての企業活動に伴う環境側面の把握を行い、影響負荷を抑えるために技術的・経済的に可能な範囲で環境目的及び目標を設定し、定期的な見直しによって環境マネジメントシステムの向上を図ります。
  5. 全社員が環境方針への理解や環境認識を持ち、意識の向上を図るため、社内広報や研修などの教育活動を行います。
  6. 当社の環境方針や活動は広く一般に情報開示し、社会とのコミュニケーションを図ります。

(2011年3月1日制定)

高桑美術印刷株式会社
社長 高桑 悟史

当社自身の取り組み

環境保全を目的とした活動を効果的に行うために定められた国際規格『ISO14001』。弊社はこのISO14001の認証を平成14年10月に取得し、これに基づいて環境への負荷をできる限り出さない事業活動を行いながら、環境保全に貢献できる商品のご提案などにも積極的に取り組んでいます。
また、適切に管理された森林から切り出された木材を使って製品が作られていることを証明する『森林認証』制度。FSC®認証製品に「FSC®マーク」をつけるためには、生産・流通・加工に関するすべての企業がFSC-COC認証を取得していることが必要です。当社では平成19年5月にFSC-COC認証を取得し、当社で制作いただいた印刷物には、「FSC®マーク」を表示することができます。

ISO14001

当社は環境マネジメントシステムISO14001を取得しています。

登録証番号 JQA-EM2698
登録事業者 高桑美術印刷株式会社
登録活動範囲
  • ラベル・パッケージ及び一般商業印刷物の設計及び製造並びに関連するデジタルコンテンツ(CD-ROM、DVD、ビデオ、ホームページ)の企画、制作
  • 酒類販売
関連事業所 東京支店、大阪支店、新潟営業所、富山営業所、福岡営業所、鹿児島営業所、メディアプラザ プラネット、金沢工場

お客様へのご提案

環境問題がますます叫ばれる現代において、企業として環境保全に対する配慮、姿勢が大きく問われています。弊社からご提案できる環境対応の印刷物、またはケース等の資材をご紹介します。

森林認証紙

今、「適切に管理された森林」から作られた紙や木材製品が注目されています。これまで森林資源の保護は「紙のリサイクル」という考え方が中心でした。しかし、これからはFSC®(森林管理協議会)により認証された森林から作られた製品、つまり、「森のリサイクル」という考え方が環境保全の新たな基準となろうとしています。
 FSC®ロゴマークは、製品に使用されている木材が、FSC®(森林管理協議会)のルールに則って、適切に管理されていると第三者機関により認証された森林から生産されたものであることを示します。

森林認証紙を使用いただくメリット
1. 環境への理解が深い企業として、イメージアップにつながります。
2. 森林を守り、地球環境の保全に役立ちます。
3. リサイクル紙とは異なり、高い品質が得られます。
4. 価格は一般紙と基本的に変わりません。
5. 森林認証マークの使用料はかかりません。

植物油インキ

植物油インキは、植物由来の非食用も含めた各種植物油を原料としており、インキの石油系溶剤の低減を図ることができる環境配慮型インキです。当社では植物油インキを使った印刷が可能です。その場合は印刷物に植物油インキマークを表示いただけます。

水なし印刷

『水なし印刷』は、有害な化学薬品の使用を大幅に抑制し、廃液を出さない印刷方式です。通常の印刷は印刷工程で有害物質を含む「浸し水」を使い、これが廃液となって排出されます。それに対し水なし印刷は浸し水を使用しないので、有害な廃液が排出されないのです。また、インキが水ににじまないのでアミ点の一つひとつが用紙上に正確に再現され、高精細な美しい仕上がりになるという利点もあります。

紙の使用量を抑えたケース

通常の蓋・身式のセットケースに比べ、設計の工夫によって紙の使用面積を大幅に少なくしたシンプルケースやオープンケースをご提供しています。コスト的にもメリットがあるのはもちろんのこと、使用素材がE段だけなのでリサイクルもしやすいという利点があります。
※紙の使用面積はシンプルケースが約20%減、オープンケースが約30%減(当社比)

紙を利用した緩衝材

発泡スチロール製緩衝材の代替品として、今や常識となった段ボール利用の緩衝材やパルプモールド。段ボール素材の緩衝材は機能や価格が発泡スチロールとほぼ同等のレベルとなっています。パルプモールドは抗菌性を持たせたり美粧性にも配慮した、緩衝材以外の用途の製品もご提供しています。

紙製の中枠素材

通常布製のものが使用される中枠素材の代替品。実際は紙素材でありながら、見た目は布のような質感を保っています。

超極薄段ボール素材のケース

段ボールのなかで最も薄いG段(段高0.5mm)を利用したケースは、ダイレクトオフセット印刷が可能です。板紙に比べリサイクルしやすく、内容物に対する保護・緩衝性に優れています。